橘安子(上白石萌音)の結婚相手-カムカムエヴリバディ

NHKの朝ドラ「カムカムエヴリバディ」に登場する橘安子(上白石萌音)の結婚相手の考察とネタバレです。

橘安子(上白石萌音)の結婚相手

カムカムエヴリバディ」は、ヒロイン3人による3部制で、橘安子(上白石萌音)は第1部の主人公を務め、戦前の岡山県の商店街にある和菓子屋「たちばな」の長女して生まれます。

ラブコメの女王と呼ばれる上白石萌音が朝ドラで主演するということで、はやくも結婚相手に注目が集まります。橘安子(上白石萌音)のハートを射貫くイケメンは一体、誰なのか?

実は、橘安子(上白石萌音)が誰と結婚するのかは、ほぼ判明しています。

橘安子(上白石萌音)は娘を産むのですが、娘の名前が雉真るい(深津絵里)なので、結婚相手は岡山の「雉真家」の人間で確定です。

したがって、橘安子(上白石萌音)の結婚相手は、雉真家の長男・雉真稔(松村北斗)か、次男・雉真勇(村上虹郎)のどちらかです。

スポンサードリンク

結婚相手は雉真稔と雉真勇のどっち?

橘安子(上白石萌音)と次男・雉真勇(村上虹郎)は小学校からの同級生で、次男・雉真勇は橘安子の事が好きです。

橘安子と次男・雉真勇が結婚すれば、幼なじみ同士の結婚ということで、良い感じのラブコメになりそうで、お似合いのカップるだと思います。

しかし、橘安子(上白石萌音)は、岡山県を出て大阪へ行く事が決まっており、大阪編で、大阪の大学に進学している長男・雉真稔(松村北斗)と噂になるようです。

つまり、橘安子は、大阪編で長男・雉真稔と恋愛に発展し、そのまま結婚するという可能性が大きいです。

従って、私は橘安子(上白石萌音)の結婚相手は長男・雉真稔(松村北斗)だと予想します。

さて、橘安子はお金持ちで国宝級のイケメン長男・雉真稔と結婚して幸せに暮らすと思われたのですが、そうは問屋が許しません。実は結婚相手にはある秘密があるのです。

橘安子(上白石萌音)を遅う結婚後の悲劇

橘安子(上白石萌音)は、雉真家の人間と結婚して、幸せな生活を送り、娘・雉真るい(深津絵里)が生まれます。

しかし、幸せな結婚生活は長くは続きません。おりしも日本は太平洋戦争に突入するのです。

やがて、橘安子(上白石萌音)の夫は戦死し、未亡人となった橘安子は、娘・雉真るい(深津絵里)を雉真家に残して、アメリカへと旅立ってしまうのです。

つまり、橘安子(上白石萌音)の結婚相手には死亡フラグが立っているのです。

スポンサードリンク

「カムカムエヴリバディ」のその後

戦後、娘・雉真るい(深津絵里)は18歳になると、岡山県を飛び出して大阪へと行き、大阪で「竹村クリーニング店」を営む竹村平助(村田雄浩)と出会い、「竹村クリーニング店」に住み込みで働くようになります。

そして、「竹村クリーニング店」の常連客・大月錠一郎(オダギリジョー)と出会います。

女子大生のベリー(市川実日子)は、大月錠一郎(オダギリジョー)の事が好きなので、雉真るい(深津絵里)を敵視し、三角関係に発展します。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。