最愛-原作と真犯人と最終回のネタバレ

2021年10月期に放送するTBSのドラマ「最愛(さいあい)」のあらすじと最終回までのネタバレです。

最愛(さいあい)-ネタバレ目次

  1. 最愛-原作と主題歌
  2. 最愛-あらすじとネタバレ

スポンサードリンク

最愛-原作と主題歌

最愛-原作と主題歌
主題歌
原作奥寺佐渡子らのオリジナル脚本
放送局TBS
放送時間金曜日の夜10時枠
放送開始日2021年10月
出演者

ドラマ「最愛」には原作はありません。奥寺佐渡子と清水友佳子によるオリジナル脚本ですが、最終回までのネタバレを紹介していきます。

最愛-あらすじとネタバレ

青年実業家の女は、連続殺人事件の容疑者として警察に追われていた。

殺人事件を担当する刑事は容疑者となった青年実業家の女を追うが、実はこの2人はかつて「最愛の人同士」だった。

しかし、いくら最愛の人だったとしても、今は刑事と殺人事件の容疑者であり、いわば敵同士だ。

しかも、連続殺人犯という凶悪犯罪者だ。

刑事は犯人を捕まえて、事件を解決しなければならず、青年実業家の女の逮捕に執念を燃やす。

もちろん、連続殺人事件の容疑者になった女も、相手が最愛の人だったとしても、そうですかと言って素直に逮捕される訳にはいかない。

青年実業家の女には、敏腕弁護士が付いていた。

こうして、刑事、青年実業家の女、敏腕弁護士の思いが複雑に絡み合い、15年前に起きた失踪事件が、現在に起きている殺人事件へと繋がっていくのだった。

スポンサードリンク

最愛-見所のネタバレ

ドラマ「最愛」の脚本を担当するのは、奥寺佐渡子はドラマ「夜行観覧車」「Nのために」「リバース」の他にも「時をかける少女」「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」「八日目の蝉」などの数々の名作を手がけた天才脚本家だ。

一方、清水友佳子も「夜光観覧車」「リーバス」を手がけ、最近では朝ドラ「エール」や「彼女はキレイだった」を手がけている。

清水友佳子の朝ドラ「エール」や「彼女はキレイだった」も面白かったので、今作の「最愛」も非常に期待できると思う。

「最も愛する」と書いて「最愛」なので、青年実業家の女性や刑事の心理描写に加えて、そこに加わる敏腕弁護士の深謀遠慮も見所になるだろう。

さらに、注目となるのが15年間に起きた失踪事件である。15年前の失踪事件の謎を解き明かすことにより、連続殺人事件の秘密が明らかになるというミステリーな展開、そして真犯人は誰かというミステリーの王道を行くようなストリーに注目である。

さらに、日曜劇場では「日本沈没」が放送される。「日本沈没」には
小栗旬や香川照之が出演してかなり面白いと期待されているドラマので、「最愛」と一緒に観ると面白いだろうと思う。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。