SUPER RICH(スーパーリッチ)の感想

江口のりこが主演するフジテレビのドラマ「SUPER RICH(スーパーリッチ)」の第1話の感想です。

第1話のあらすじは「スーパーリッチ-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

スーパーリッチ-第1話の感想

「スーパーリッチ」の第1話を観た。氷河衛(江口のりこ)が関西弁で話すというので、少し不安に思っていたのだが、ネイティブ関西弁のおかげか違和感は無く、普通に面白かった。

大金持ちの家に生まれた氷河衛(江口のりこ)は、一ノ瀬亮(戸次重幸)と出会い、電子書籍販売のベンチャー企業「スリースターブックス」を立ち上げた。

しかし、一ノ瀬亮(戸次重幸)が投資したアプリの会社が反社と繋がりがある事が判明したうえ、一ノ瀬亮が会社の金3億円を持って逃げたという話しだった。

会社が不祥事を起こした氷河衛(江口のりこ)は、投資家に対して多額の違約金を支払わなければならず、個人資産の全てを処分しても1億円足りないという状態になる。

色々あって、第1話の最後に、氷河衛(江口のりこ)は春野優(赤楚衛二)と屋台でラーメンを食べるのだが、この流れからすると、氷河衛はインスタントラーメンを開発して大儲けするとうい最終回を迎えるパターンになるだろうと思った。

NHKの朝ドラ「まんぷく」を観ていた人は、おそらく、同じような事を考えたと思うが、「まんぷく」に出ていたのは、江口のりこじゃない方の安藤サクラである。

春野優を演じる赤楚衛二については、詳しい事は知らないが、ドラマ「彼女はキレイだった」に出ていた人なので、顔は知っている。

「彼女はキレイだった」は面白かったので、「スーパーリッチ」にも期待したい。

スポンサードリンク

スーパーリッチ-親ガチャ

最近、「親ガチャ」という言葉が流行しているらしい。「親ガチャ」というのは、子供は親を選べないといので、どこに生まれてくるかは運だという意味だ。

ドラマ「スーパーリッチ」は、氷河衛(江口のりこ)がお金持ちに生まれ、生まれながらの勝ち組で、春野優(赤楚衛二)が貧乏な家に生まれたので、生まれながらの負け組という構造である。

だから「スーパーリッチ」を観ていると、「親ガチャ」という言葉を思い出した。

スーパーリッチ-戸次重幸が楽しそう

一ノ瀬亮(戸次重幸)が氷河衛(江口のりこ)にアプリの会社に投資する話をしていたとき、もの凄く楽しそうだったのが面白かった。

投資したアプリの会社が反社と繋がっていると判明すると、一ノ瀬亮(戸次重幸)は会社の金3億円を持って逃げたのだが、会社の金を持ち逃げしたということは他にも私的に投資していたのだろうか?

アプリの会社が反社とつがっていたことが判明しても、会社の金を持ち逃げする必要はないはずだ。一ノ瀬亮には何か秘密がありそうなので、楽しみだ。

あと、一ノ瀬亮がお金目当てで氷河衛(江口のりこ)と交差していたのか、本当に愛していたのかという点も注目したい。

スポンサードリンク

松嶋菜々子と志田未来と中村ゆりも出演

今回は出演者についてチェックしていなかったので、松嶋菜々子と志田未来と中村ゆりも出演したいたことに驚いた。

松嶋菜々子は、氷河衛(江口のりこ)の先輩という役柄で、志田未来はインターンで氷河衛の会社で働き始めるという役柄だった。中村ゆりは、氷河衛の初めて出てきた女友達らしい。

松嶋菜々子で「お金」と言えば、松嶋菜々子がお金持ちとの結婚を目指すスチュワーデスを演じていたドラマ「やまとなでしこ」を思い出した。

「やまとなでしこ」は非常に面白かったので、「スーパーリッチ」での松嶋菜々子にも期待したい。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。