逃亡医F-原作のあらすじと最終回の真犯人のネタバレ

成田凌が主演する日本テレビのドラマ「逃亡医F」の原作のあらすじと最終回と真犯人のネタバレです。

逃亡医F-ネタバレ目次

  1. 逃亡医F-原作のあらすじと真犯人のネタバレ
  2. 逃亡医F-原作ネタバレ相関図
  3. 逃亡医F-原作の事件の真相と真犯人のネタバレ
  4. 逃亡医F-原作の黒幕ネタバレ
  5. 逃亡医F-八神妙子を治療する理由のネタバレ
  6. 逃亡医F-ドラマと原作の違い
  7. 逃亡医F-ドラマの相関図
  8. 逃亡医F-ドラマのあらすじと犯人ネタバレ
  9. 逃亡医F-登場人物のネタバレ
  10. 逃亡医F-原作と主題歌
  11. 逃亡医F-最終回までの視聴率
  12. ミステリと言う勿れ-原作と犯人と最終回のネタバレ
  13. 妻、小学生になる-原作のあらすじと最終回のネタバレと相関図

スポンサードリンク

逃亡医F-原作のあらすじと真犯人のネタバレ

帝都医科大学付属病院の外科医・藤木圭介は、同僚の医師・八神妙子を屋上から突き落としたとして、殺人未遂の容疑で全国指名手配されており、逃亡生活を送っていた。

藤木圭介は医者という身分を隠し、「鳴海健介」という名前を名乗って逃亡していたが、行く先々で殺人未遂事件の容疑者・藤木圭介だとバレそうになる。

しかし、藤木圭介は逃亡医だとバレる危険を冒しても、医者としての身分を明かし、手術で関係者を助けたので、見逃してもらい、逃亡生活を続けていた。

そのようななか、藤木圭介(鳴海健介)は、糖尿病で意識を失っていたペンションの娘を助けたことから、ペンションで世話になっていたのだが、そのペンションに、帝都医大の生物学者・都波教授が滞在していた事が判明する。

都波教授がペンションを出て出雲大社へ向かったという手が返りを得た藤木圭介(鳴海健介)は、都波教授を追いかけることにしたが、そこへ、イースト薬業の女性研究員・烏丸が現れたうえ、雪崩が起きて道がふさがれたため、ペンションに足止めされてしまう。

イースト薬業の研究員・烏丸は、優良な男性のDNAを採取しており、記念すべき100人目のDNAとして、藤木圭介のDNAを狙っていたのだ。

さて、藤木圭介(鳴海健介)は烏丸から、屋上から転落した医師・八神妙子は意識不明のままイースト薬業の特別病棟に居る事を教えられる。

烏丸は、植物状態の八神妙子を看護するには莫大な金がかかるため、企業が植物状態の八神妙子を引き取って面倒をみることなどあり得ないと言い、裏に何かあるのではないかと考えていた。

藤木圭介(鳴海健介)が痴情のもつれから、医師・八神妙子を屋上から突き落としたという報道されていたが、烏丸は藤木圭介と八神妙子が付き合っていなかった事を知っており、八神妙子の研究に秘密があるのではないかと考えていた。

しかし、藤木圭介(鳴海健介)は、「全ては報道通りだ」と言い、烏丸の考察を否定し、烏丸をだまして、スキーで雪山を下りて、都波教授を追いかけることにした。

さて、藤木圭介と烏丸の話を立ち聞きしていたペンションの娘がスキーで先導してくれ、藤木圭介らは途中の山荘で休憩を取る。

そこで、ペンションの娘が事情を尋ねと、藤木圭介(鳴海健介)は医師・八神妙子を突き落とした事を否定し、都波教授を見つけなければならないのだと言い、真相を話した。

医師・八神妙子は製薬会社から資金提供を受けて画期的な抗生物質の研究をしていたのだが、研究について相談を受けていた藤木圭介(鳴海健介)は、医師・八神妙子の才能への嫉妬から、他の製薬会社に研究内容を漏らしてしまった。

すると、数ヶ月後、藤木圭介が研究内容を漏らした製薬会社の息のかかった大学教授が、医師・八神妙子の研究は盗用だと糾弾を始めた。

製薬業界の争いに巻き込まれた医師・八神妙子は、盗用を否定したが、プレッシャーに耐えきれず、屋上から飛び降りたのだ。

そして、藤木圭介(鳴海健介)は、医師・八神妙子の汚名を晴らすため、逃亡医となって、研究の証言者となる都波教授を探していたのだ。

さて、雪崩が起きて2人は山荘が雪崩に巻き込まれてしまうが、藤木圭介(鳴海健介)は負傷したペンションの娘を治療すると、山を下りて都波教授を追いかけるのだった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

逃亡医F(1)【電子書籍】[ 伊月慶悟 ]
価格:495円 (2021/12/30時点)

逃亡医F-原作の第2巻のあらすじとネタバレ

都波教授を探すために出雲大社を訪れた逃亡医・藤木圭介(鳴海健介)は、画家の女性と出会い、都波教授の情報を得る。

画家が都波教授の絵を描いており、その絵を都波教授に売ることになっていたので、藤木圭介は都波教授との待ち合わせ場所へ向かおうとする。

しかし、藤木圭介は画家の女性の目の病気に気づき、直ぐに手術をしないと失明することから、手術をして画家の女性を助けたため、都波教授とすれ違いになってしまい、都波教授と会うことが出来なかった。

それでも、都波教授が乗った電車が分かったので、藤木圭介はヒッチハイクをして、都波教授を追いかけるのだった。

そして、藤木圭介は警察から逃亡しながら、行く先々で医学の知識を使って事件を解決したり、人助けをしたりして、都波教授の手がかりを探すのだった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

逃亡医F(2)【電子書籍】[ 伊月慶悟 ]
価格:495円 (2021/12/30時点)

スポンサードリンク

逃亡医F-原作の最終回(第3巻)のあらすじと結末ネタバレ

ある日、医師・八神妙子の兄が帰国する。兄は海外に居たので何も知らず、八神妙子に会うために帝都医科大学付属病院を訪れ、八神妙子が屋上から転落して植物状態になっている事を知る。

さらに、兄は、帝都医科大学の教授から、犯人は藤木圭介で、八神妙子の研究の成果を狙った犯行だろうと教えられ、藤木圭介を捕まえようとする。

一方、逃亡医・藤木圭介は恩師・三井教授の訃報を知り、都波教授も葬儀に参列すると考えて、東京へ舞い戻って三井教授の葬儀に潜入するが、八神妙子の兄に見つかり、取り押さえそうになるが、烏丸に助けられる。

その後、藤木圭介は知り合いの医師・富樫と出会い、医師・富樫の協力を得て都波教授に会いに行くが、都波教授はタバコの火の不始末が原因で、研究室で火事を起こしていた。

そして、都波教授は、藤木圭介に助けられて一命を取り留め、病院へ運ばれた。

藤木圭介は、都波教授に八神妙子の研究がオリジナルだったと証言してもらうために、入院している都波教授に会いに行くが、都波教授は火事で全ての標本を失った事にショックを受け、辞表を残して姿を消していた。

このため、八神妙子の研究がオリジナルだと証明するには、藤木圭介が研究の事を話した岡部薬品の先輩・長谷川に証言してもらうしか、方法は残されていなかった。

しかし、長谷川は、妻が腹膜気粘液腫という難病で、岡部薬品の上層部の紹介で腹膜気粘液腫の権威と呼ばれる医師の治療を受けており、上層部から口止めをされていたので、藤木圭介への協力に苦悩する。

ところが、長谷川は、腹膜気粘液腫の権威から、妻が余命1年と診断されたため、会社を辞めて藤木圭介に全てを話すことを決意する。

すると、それを知った岡部薬品の上層部は、長谷川の妻が藤木圭介から虫垂炎の手術を受けていた事を利用し、腹膜気粘液腫の原因は藤木圭介の虫垂炎の手術だと、長谷川に教えた。

長谷川は、藤木圭介を妻の命の恩人だと思っていたので、藤木圭介の手術によって妻が腹膜気粘液腫になってしまったことを知り、泣き崩れるのだった。

さて、自分が行った虫垂炎の手術が原因だと知った藤木圭介は、ある論文を思い出し、病院から長谷川の妻を連れ出して、論文を書いた医師の元を訪れる。

すると、医師は、長谷川の妻を検査し、「私の考案した手術法なら臓器を残したまま気粘液腫を切除する事が出来る」と言い、手術をしてくれた。

こうして、手術は成功して長谷川の妻は助かった。

そのときに、長谷川の妻から卵巣腫瘍が見つかり、腹膜気粘液腫の原因は虫垂炎の手術ではなく、卵巣腫瘍だと判明したのだった。

そのころ、植物状態だった八神妙子が目覚める兆候が現れたという知らせを受け、藤木圭介と烏丸はイースト薬業へ侵入し、植物状態の八神妙子を連れ出した。

そして、藤木圭介は、原作の第1巻で世話になった船に積んであった、潜水病の治療に使う減圧チャンバー(高気圧酸素カプセル)に八神妙子を入れた。

減圧チャンバーは、病院にある高気圧酸素室と同じ原理で、高濃度酸素で脳細胞を活性化させれば、目覚める可能性があるのだという。

そこへ、警察が駆けつけ、藤木圭介は包囲されるが、植物人間状態だった八神妙子が目覚めて、自分で飛び降りたことを証言したので、藤木圭介の殺人未遂容疑は晴れたのだった。

その後、藤木圭介は帝都医科大学付属病院に復帰せず、船医として船に乗ることを選び、烏丸に欲しがっていたDNAを渡すが、烏丸はDNAを海に捨て、助手として船に乗り込むのだった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

逃亡医F(3)【電子書籍】[ 伊月慶悟 ]
価格:495円 (2021/12/30時点)

逃亡医F-原作のネタバレ相関図

逃亡医F-原作のネタバレ相関図
画像の説明:逃亡医F-原作のネタバレ相関図

スポンサードリンク

逃亡医F-事件の真相と真犯人ネタバレ

帝都医科大学付属病院の医師・八神妙子は、クラレ製医薬から資金援助を受け、微生物を使った画期的な新薬の研究をしており、新薬開発の目前に迫っていた。

しかし、八神妙子から新薬の相談を受けていた同僚・藤木圭介が、酒の席で岡部薬品の先輩・長谷川に、新薬の研究を漏らしてしまう。

長谷川は、クラレ薬品が八神妙子の新薬の研究を支援しており、新薬の完成が間近だと言うことを上司に報告すると、上司は新薬が開発されたら親会社のイースト薬業の主力商品が売れなくなると言い、難病の妻の治療の面倒を見るという条件で、長谷川に研究データを盗むように命じた。

そして、岡部薬品は、資金援助している医学界の重鎮に、八神妙子の研究は盗用だと批判させ、八神妙子の研究を潰した。

全てを投げ打って研究に命をかけてきた八神妙子は、クラレ製医薬からも支援を打ち切られ、研究を続けられなくなったことに悲観し、屋上から飛び降りようとした。

藤木圭介は、微生物を公表すれば、自分のオリジナルの研究だと証明できると止めたが、八神妙子は微生物を都波教授の研究室から盗んでいたので、微生物を公表することができず、屋上から飛び降りたのだった。

逃亡医F-原作の黒幕のネタバレ

「逃亡医F」の原作の黒幕は岡部薬品だった。

藤木圭介が岡部薬品の先輩・長谷川に、八神妙子の研究内容を漏らし、長谷川が上司に報告した。

長谷川は他社が新薬を開発しても、大勢の病人が助かるのなら良いとこだと考えており、軽い気持ちで報告したのだが、上司は岡部薬品の親会社「イースト薬業」の主力商品が売れなくなってしまうと考え、長谷川に八神妙子の研究を盗むように命じた。

さらに、黒幕の岡部薬品は、金銭的な援助をしている医学界の権威を使って、八神妙子の研究に盗用の烙印を押して、八神妙子の研究を潰した。

植物人間状態となった八神妙子を引き取って治療していたイースト薬業は、岡部薬品の親会社だった。

新薬の研究データは八神妙子の頭の中にあったので、新薬を完成させることが出来なかったイースト薬業は、研究データを聞き出すために八神妙子を引き取って治療していた。

イースト薬業が八神妙子を引き取った理由のネタバレ

イースト薬業は八神妙子の研究データを盗んでいたが、八神妙子は全てのデータを残していなかったので、イースト薬業は新薬を完成させる事が出来なかった。

そこで、イースト薬業は八神妙子を引き取り、治療を続けて、八神妙子を目覚めさせ、新薬を賛成させようとしていたのだった。

逃亡医F-ドラマのあらすじと犯人ネタバレ

天才医師の藤木圭介(成田凌)は、交際相手の八神妙子(桜庭ななみ)をビルの屋上から突き落として殺害した容疑をかけられ、警察から逃げていた。

八神妙子の兄・八神拓郎(松岡昌宏)は、警察に乗り込み、容疑者が藤木圭介出あることを知り、藤木圭介の行方を追うのだった。

藤木圭介は海路から逃走するため、偽名を使ってアルバイトとして、海洋観測船「第一海風丸」に乗り込み、海洋観測士の沢井美香子(森七菜)と出会う。

沢井美香子は初めて後輩ができた事を喜ぶが、やがて、藤木圭介が指名手配されている殺人犯ではないかと疑う。

それを知った藤木圭介は、次の港で降りるので、全てを忘れて欲しいと頼むと、沢井美香子は藤木圭介の手を見て、父親の手を思い出し、藤木圭介を信じることにしたのだった。

一方、バイオベンチャー企業「バイオネオ」の烏丸京子(前田敦子)は、死んだ親友・八神妙子の部屋を調べ、「F」と書いたカセットテープを発見し、「ごめんね、妙子」と、つぶやくのだった。

そのようななか、沢井美香子は事故で右腕を切断する大事故に遭うが、船医は内科医だったうえ、船には手術するだけの設備が無く、腕を諦めるしかなかった。

すると、藤木圭介は、正体がバレるリスクを冒して、沢井美香子の腕でを切断したうえで、腕を縫合して、沢井美香子を助ける。

船に警察からの問い合わせが来ていたので、藤木圭介はみんなに正体がバレてしうまう。船から逃げようとするが、港には警察が待ち受けていた。

そこへ、八神拓郎(松岡昌宏)がボートで船に乗り付け、船に乗り込んできた。

藤木圭介は真犯人の手がかりを得るために、都波健吾(酒向芳)に遭う必要があると言うが、八神拓郎は死んだ妹・八神妙子(桜庭ななみ)のメールを突きつける。

そして、八神拓郎は「口封じで妙子を殺した」と言い、藤木圭介を取り押さえるが、藤木圭介は八神拓郎に麻酔を注射すると、「必ず真犯人は見つけます」と言い残し、八神拓郎が乗ってきたボートに乗り込んで逃げたのだった。

スポンサードリンク

逃亡医F-第2話のあらすじとネタバレ

逃亡した藤木圭介(成田凌)は、雪山で倒れるが、山荘の主人・香川照男(升毅)に助けられたが、病院へ行くことを拒否したため、香川照男に怪しまれる。

しかし、そこへ現れた沢井美香子(森七菜)が釈明すると、香川照男は2人を駆け落ちしてきたカップルだと勘違いして、2人を山荘に泊めた。

藤木圭介は、山荘で教授・都波健吾(酒向芳)の荷物があるのを発見したため、しばらく山荘に泊めて貰う事にした。

八神妙子(桜庭ななみ)が死ぬ前に、自分に何かあったら、都波健吾(酒向芳)に会えと言い残していたのだ。

さて、ローカルテレビ局の松田純兵(林泰文)は、山荘の取材交渉に行き、逃走医の藤木圭介(成田凌)を発見する。

アナウンサーの島崎咲良(馬場ふみか)は、藤木圭介の独占スクープを取って出世しようと思い、あの手この手で藤木圭介への取材を試みるが、藤木圭介に逃げられてしまう。

一方、八神拓郎(松岡昌宏)は、弱みを握っている刑事・筋川二平(和田聰宏)を利用して、藤木圭介や都波健吾の手がかりを探す。

藤木圭介は松田純兵に追われていたが、死にかけていた松田純兵の息子を発見し、手術をして助けたのだった。

逃亡医F-原作とドラマの違い

藤木圭介(成田凌)のドラマと原作の違い

ドラマでは藤木圭介(成田凌)の恋人・八神妙子(桜庭ななみ)は死亡しており、藤木圭介は殺人の容疑で指名手配されている。

しかし、原作では恋人・八神妙子は死んでおらず、植物人間状態になっており、イースト薬業で治療を受けていた。

このため、原作の藤木圭介は殺人未遂の容疑で警察から追われていた。

沢井美香子(森七菜)のドラマと原作の違い

ドラマの沢井美香子(森七菜)は、海洋観測船「第一海風丸」の新人海洋観測士で、船で腕を切断する事故に遭うが、逃亡医の藤木圭介(成田凌)に助けられ、腕は無事だった。

原作でも、このエピソードがあるが、原作の沢井美香子は腕を切断するエピソードだけで、その後のエピソードには関与してこない。

逃亡医F-ドラマの相関図

逃亡医F-ドラマの相関図
出典:逃亡医F

逃亡医F-登場人物のネタバレ

藤木圭介(成田凌)のネタバレ

藤木圭介(成田凌)は、帝都医科大学付属病院の脳外科医で、有名な天才医師だった。交際していた女性医師・八神妙子(桜庭ななみ)をビルの屋上から突き落としたとして、殺人未遂の容疑をかけられるが、真犯人を捜すため、逃走する。

沢井美香子(森七菜)のネタバレ

沢井美香子(森七菜)は、海洋観測船「第一海風丸」の新人海洋観測士で、偽名で船に乗り込んできた藤木圭介(成田凌)と出会う。

船上で、腕を切断する事故に遭うが、藤木圭介に助けられ、右手の切断を免れた。

沢井美香子は、自分が捕まるリスクを冒してまで助けてくれた藤木圭介の事を信用するのだった。

長谷川輝彦(桐山照史)のネタバレ

長谷川輝彦(桐山照史)は、帝都医大の脳外科医で、藤木圭介(成田凌)の後輩にあたる。

八神妙子(桜庭ななみ)のネタバレ

八神妙子(桜庭ななみ)は、帝都医大の研究医で、同僚の藤木圭介(成田凌)と交際していたが、病院の屋上から転落死した。

幹こずえ(堺小春)のネタバレ

バイオベンチャー企業「バイオネオ」の研究員で、佐々木世志郎(安田顕)を心から尊敬している。

佐々木世志郎(安田顕)から「泣くな。泣いたらすする」と言われて泣いてしまい、佐々木世志郎に涙を吸われた。

野末考正(古屋呂敏)

野末考正(古屋呂敏)は刑事で、相棒の筋川二平(和田聰宏)とともに逃走医の藤木圭介(成田凌)を追いかける。

筋川二平(和田聰宏)

筋川二平(和田聰宏)は刑事で、逃亡犯の藤木圭介(成田凌)を追いかけるが、八神拓郎(松岡昌宏)に弱みを握られ、八神拓郎に情報を流す。

都波健吾(酒向芳)のネタバレ

都波健吾(酒向芳)は、帝都医大の教授で、死んだ八神妙子(桜庭ななみ)と新薬の共同研究をしていた。藤木圭介(成田凌)は真犯人を捜すため、都波健吾を探している。

烏丸京子(前田敦子)のネタバレ

烏丸京子(前田敦子)はバイオベンチャー企業「バイオネオ」の役員で、死んだ八神妙子(桜庭ななみ)との親友である。

烏丸京子は、死んだ八神妙子の部屋で「F」と書いたカセットテープを探し出した手に入れる。

烏丸京子は藤木圭介(成田凌)を助けたいと言っているが、真相は分からない。

佐々木世志郎(安田顕)のネタバレ

佐々木世志郎(安田顕)は、世界的な薬品開発研究者で、死んだ八神妙子(桜庭ななみ)と共同で脳の再生に関する研究を行っていた。

八神妙子の死後、八神妙子の恋人・藤木圭介(成田凌)の行方を追っている。

八神拓郎(松岡昌宏)のネタバレ

八神拓郎(松岡昌宏)は元自衛官で、八神妙子(桜庭ななみ)の兄である。八神妙子が藤木圭介(成田凌)に殺されたことを知り、藤木圭介を追跡する。

スポンサードリンク

逃亡医F-原作と主題歌

逃亡医F-原作と主題歌
主題歌奥田民生の「太陽が見ている」
原作佐藤マコトの漫画「逃亡医F」
放送局日本テレビ
放送時間土曜日の10時枠
放送開始日2022年1月15日
出演者成田凌・森七菜・桐山照史

逃亡医F-視聴率のネタバレ

逃亡医F-視聴率のネタバレ
第1話8.4%
第2話8.6%
第3話 
第4話 
第5話 
第6話 
第7話 
第8話 
第9話 
最終回 
平均視聴率 

スポンサードリンク

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。