ミステリと言う勿れ-犬堂ガロと犬堂愛珠のネタバレ

フジテレビのドラマ「ミステリと言う勿れ(ミステリーということなかれ)」の原作に登場する犬堂我路(がろ)と姉・犬堂愛珠(あんじゅ)のネタバレです。

ミステリと言う勿れ-犬堂ガロのネタバレ

犬堂我路(いぬどう・がろ)には、犬堂愛珠(いぬどう・あんじゅ)という姉が居たのだが、病院からの連絡で、犬堂愛珠が失踪していた事が判明する。

(原作では犬堂愛珠が姉ですが、ドラマでは犬堂愛珠が妹という設定になっています。)

姉・犬堂愛珠は連続殺人事件の最初の被害者で、殺されたのだが、遺体が見つかっていなかったため、警察に頼んでもまともに探してくれなかった。

このため、犬堂ガロは独自に探偵を雇って犬堂愛珠の足取りを追が、犬堂愛珠が巡回バスに乗ったのを最後に、足取りが分からなくなっていた。

そこで、犬堂ガロは、犬堂愛珠が乗っていたバスの運転手・煙草森誠に協力を要請し、犯人だと思われる事件関係者をバスに乗せて、バスジャック事件を起こした。

しかし、そのバスに乗り合わせた久能整が、犬堂愛珠を殺した真犯人はバスの運転手・煙草森誠だと突き止め、事件は解決した。

真犯人を知った犬堂ガロは、警察に逮捕されるが、不起訴処分となり、自由の身となると、運転手・煙草森誠を殺害して失踪するのだった。

スポンサードリンク

ミステリと言う勿れ-姉・犬堂愛珠の手紙のネタバレ

犬堂ガロは海外へと逃亡していたが、姉・犬堂愛珠が死ぬ前に書いた手紙が見つかったという情報を得て帰国する。

姉・犬堂愛珠の手紙は遺書で、死ねなければ「ジュートに頼もう」と書いてった。

そして、ジュートの正体は、学芸員の辻浩増(つじ・ひろまさ)だった。

辻浩増は、連続殺人犯・羽食玄斗の息子で、羽食十斗(はぐい・じゅうと)を名乗って連続殺人事件を起こしていた。

そして、羽食十斗は犬堂愛珠から殺害して欲しいと頼まれており、犬堂愛珠と会う約束をしていたのだが、その日に犬堂愛珠はバスに乗って、バスの運転手・煙草森誠に殺されてしまったのだ。

ミステリと言う勿れ-黒幕カウンセラーのネタバレ

犬堂ガロは、姉・犬堂愛珠は生前に闇カジノでアルバイトをしていた事を突き止める。

そして、同僚だった女性から、犬堂愛珠はカウンセラーに勧められて闇カジノでアルバイトを始めた事が判明する。

さらに、羽食十斗が犬堂愛珠に鳴子辰(なるこ・たつみ)というカウンセラーを紹介した事が判明する。

カウンセラーの鳴子辰は、久能整が関連してきた事件の関係者に星座のマークをした指輪などを渡しており、「ミステリと言う勿れ」の黒幕になると犯人と考えられている。

なお、「ミステリと言う勿れ」の原作のあらすじと犯人ネタバレは「ミステリと言う勿れ-原作と犯人と最終回のネタバレ」をご覧ください。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。




コメント欄

ドラマの安珠は姉じゃなく妹だよ

  • 投稿者-
  • 匿名

情報提供をありがとうございます。本文の方に補足を加えておきます。

  • 投稿者-
  • 管理人

大堂我路カッコイイ大好き

  • 投稿者-
  • あべ光咲

アンジュは妹ですよ

  • 投稿者-
  • 匿名

ご指摘ありがとうございます。本文の注釈を訂正しました。

  • 投稿者-
  • 管理人