ファイトソング-木皿花枝(清原果耶)の病気のネタバレ

TBSのドラマ「ファイトソング」の木皿花枝(清原果耶)の病気のネタバレと第1話の感想です。

「ファイトソング」の第1話のあらすじは「ファイトソング-第1話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ファイトソング-木皿花枝(清原果耶)の病気のネタバレ

「ファイトソング」の第1話を観た。まずまずの面白さだった。

「ラブソング」では、吃音症の役だったので、「ラブソング」では、吃音症の役だったので、主人公の木皿花枝(清原果耶)が空手が好きで、空手の日本代表を目指していたが、交通事故に遭って病気が見つかり、空手の夢を諦めて、自堕落な生活を過ごしていた。

そのようななか、木皿花枝は幼なじみの夏川慎吾(菊池風磨)が営むハウスクリーニング店でアルバイトを始めることになり、一発屋のミュージシャン・芦田春樹(間宮祥太朗)と出会う。

木皿花枝(清原果耶)は大切な時には勝負曲「スタートライン」を聴いており、「スタートライン」の作曲者が芦田春樹だった。

芦田春樹は、過去に「スタートライン」をヒットさせて以降、ヒット曲が出せない一発屋で、マネージャーから次の曲がヒットしなければクビだと宣告されていた。

こうして、木皿花枝と芦田春樹が出会い、芦田春樹がいきなり、木皿花枝に「俺と付き合ってくれないか」と頼むのだった。

ただ、芦田春樹が告白したのは、木皿花枝の事が好きというわけではなく、人の心が分からないからヒット曲が書けないため、人の気持ちを知るために木皿花枝と付き合おうとしているだけだろう。

さて、木皿花枝(清原果耶)の病気だが、木皿花枝の病気は「聴神経腫瘍(ちょうしんけいしゅよう)」という病気だった。

木皿花枝は空手大会の帰りに交通事故に遭ったのだが、交通事故が原因で空手の夢を絶たれたのではなく、交通事故の検査で「聴神経腫瘍」という病気が見つかったため、空手が出来なくなったと解釈するのが自然だろう。

聴神経腫瘍は、耳の奥に出来る良性腫瘍の一種で、聴力の低下やバランス感覚の異常を引き起こし、腫瘍が大きくなると死亡するケースもあるようだ。

病気を抱えた木皿花枝(清原果耶)と、他人の気持ちが分からないミュージシャン芦田春樹(間宮祥太朗)が、どのように成長していくのか、非常に楽しみだ。

スポンサードリンク

清原果耶は民放1発目

私は清原果耶が主演した朝ドラ「おかえりモネ」を観ていたので、清原果耶に期待しているのだが、「おかえりモネ」の印象が強くため、「ファイトソング」の清原果耶には違和感がある。

馴染むまで、第2話か第3話くらいは必要かもしれないが、「ファイトソング」で清原果耶がどのような演技をするのか非常に楽しみだ。

ラブソングの藤原さくらが出演していた

「ファイトソング」を観ていて、なにか聞き覚えがある声だと思ったら、藤原さくらが散髪屋の店員・萩原凛として出演していた。

藤原さくらは、福山雅治が主演したドラマ「ラブソング」に出演していた人で、ドラマ内で「Soup」「500マイル」を歌っていた人だ。

私は藤原さくらの「Soup」「500マイル」が好きで良く聴いており、去年もヘビーローテーションで聴いていたので、「ファイトソング」に出演していることに驚いた。

「ファイトソング」も音楽系のドラマなので、ドラマ内で藤原さくらの歌は聴けるのだろうか?期待したい。

スポンサードリンク

1発屋は褒め言葉

ミュージシャン・芦田春樹(間宮祥太朗)は、「スタートライン」を大ヒットさせて以降、ヒット曲の出ない一発屋だった。

世間では、一発屋はダメ芸能人という扱いだが、私は一発屋は褒め言葉だと思う。

なぜなら、ほとんどの人間は一発すら当たらないからだ。

お笑い芸人なんて、1発当てたら家が建つと言うし、1発当てただけるでも凄いと思う。

私なんて1発を当てるどころか、かすりもしない。このまま1発も当てる事無く死んでいくのだろうと思う。

そう考えると、一発屋というのは凄い人なのだ。

ところが、一発を当てるだけでも凄いのに、「ラブソング」には三発も当てた人が居る。

それが、迫智也(戸次重幸)だ。

三発も当てるなんて凄いと思ってよく見たら、迫智也(戸次重幸)の職業は「散髪屋」だった。

「三発屋」ではなく「散髪屋」・・・。

やはり、戸次重幸はミスター残念だ。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。