インビジブル-原作の犯人とクリミナルズのネタバレ

高橋一生が主演するTBSの刑事ドラマ「インビジブル」のあらすじとネタバレです。

インビジブル-ネタバレ目次

  1. インビジブル-相関図のネタバレ
  2. インビジブル-あらすじとネタバレ
  3. インビジブル-クリミナルズ「調教師」のネタバレ
  4. インビジブル-クリミナルズ「演出家(要潤)」のネタバレ
  5. インビジブル-クリミナルズ「モンキーズ」のネタバレ
  6. インビジブル-霧島の正体ネタバレ
  7. インビジブル-登場人物のネタバレ
  8. インビジブル-原作と主題歌
  9. インビジブル-最終回までの視聴率
  10. インビジブル-第3話の感想

スポンサードリンク

インビジブル-相関図のネタバレ

インビジブル-相関図のネタバレ
出典:インビジブル

インビジブル-あらすじとネタバレ

志村貴文(高橋一生)は警視庁捜査一課の刑事だったが、正義感が強すぎるあまり、犯人を逮捕するためにグレーな手法を使っていた。

志村貴文(高橋一生)は、行き過ぎた行為が問題となり、未解決事件を捜査する部署「特命捜査対策班」に左遷されるが、3年前の通り魔事件について追い続けていた。

3年前の通り魔事件というのは、同僚の安野慎吾(平埜生成)が事件の捜査中に通り魔に襲われて死んだのだが、未だに犯人は捕まっていなかった。

ある日、渋谷で爆弾事件があり、志村貴文(高橋一生)は犯人から名指しして会いたいと言われたので、会いに行くと、金髪の女性キリコ(柴咲コウ)が待っていた。

キリコ(柴咲コウ)は、犯罪者に犯罪者を紹介する犯罪コーディネーターで、数々の凶悪事件の裏で暗躍しながらも、自らは一切手を汚さないため、その存在は分からず、警察でも都市伝説上の人物だとされ、「インビジブル」と呼ばれていた。

志村貴文(高橋一生)がインビジブル(柴咲コウ)の協力を得て爆弾事件の犯人・花火師を逮捕すると、インビジブルは警察の知らない凶悪犯を「クリミナルズ」と呼び、志村貴文が追いかけている3年前の通り魔事件の犯人も「クリミナルズ」の中に居るかもしれないと教えた。

そして、インビジブルは、警察が把握していない未解決事件も全て知っていると言い、犯罪者の情報を提供する代わりに、志村貴文に手を組むように求めたのだった。

スポンサードリンク

インビジブル-第2話のあらすじとネタバレ

志村貴文(高橋一生)はインビジブル(柴咲コウ)から手を組もうと持ちかけられたが、キリコの真意を図りかねていた。

そのようななか、志村貴文はキリコから、動画配信サイト「Yチューブ」のライブ配信を観るように言われ、ライブ配信を観ていると、動画を配信していた大学生達が土の中から6体の人骨を発見する。

インビジブル(柴咲コウ)によると、犯人は親から見捨てられた少年少女を犯罪者に仕立て上げ、法外な値段で殺しを請け負い、訓練した少年少女を派遣する「調教師」と呼ばれるクリミナルズだという。

課長の犬飼彰吾(原田泰造)は、インビジブル(柴咲コウ)の要求を受け入れ、情報提供の見返りとして、逮捕と起訴を見送り、警察で保護することを決定し、志村貴文(高橋一生)はインビジブルから情報を得て捜査を開始する。

志村貴文(高橋一生)は調教師のアジトを突き止めるが、一足違いでもぬけの殻となっていた。

しかし、インビジブル(柴咲コウ)が調教師に自分を殺害するように依頼し、調教師をおびき寄せた。

調教師の正体は、子供の更生に尽力している弁護士・福留智寿子(久本雅美)だった。

志村貴文(高橋一生)は、調教師(久本雅美)と手下の子供達に囲まれてピンチを迎えるが、小麦粉を巻いて火を付け、粉塵爆発を起こして、調教師を倒し、逮捕した。

こうして事件は解決するが、志村貴文(高橋一生)はインビジブル(柴咲コウ)から、調教師には教え子が多いので、夜道に気をつけろと忠告されるのだった。

その日、志村貴文(高橋一生)は帰宅すると、何者かに襲われて気を失う。

翌朝、志村貴文(高橋一生)が気付くと、隣に刺されて死んでいる女性が吊されており、志村貴文の手には血のついたナイフが縛り付けられていた。

そこへ警察が来て、志村貴文を逮捕するのだった。

インビジブル-クリミナルズ「演出家(要潤)」のネタバレ

志村貴文(高橋一生)が目覚めると、刺されて死んだ女性・宮田信子が吊されており、志村貴文の手には刃物が括り付けられており、駆けつけた警察に逮捕される。

猿渡紳一郎(桐谷健太)は、取り調べで志村貴文を厳しく追及するが、インビジブル(柴咲コウ)が志村貴文を殺害現場に運んだ事が判明し、志村貴文の容疑は晴れた。

インビジブル(柴咲コウ)によると、犯人は「演出家」と呼ばれるクリミナルズで、殺人を作品として扱っていた。

そこで、インビジブルは、警察に志村貴文を犯人にすることで、演出家(要潤)に「作品を盗まれた」と思わせ、挑発する作戦を提案する。

志村貴文はインビジブルの提案に乗り、自分が逮捕されたと警察に記者会見を開かせ、演出家を挑発する一方で、警察は演出家の捜査を始めた。

そして、志村貴文はインビジブルから、演出家(要潤)を逮捕すれば、3年前の事件のナイフが見つかるかもしれないと言われ、演出家の逮捕に全力を尽くし、演出家の自宅を発見し、格闘の末に演出家を逮捕した。

インビジブルは、演出家(要潤)は裏の世界でナイフのデザイナーをしていたので、3年前の事件でしようしたナイフが見つかると考えていたが、演出家の自宅からは3年前の事件に使われたナイフは見つからなかった。

志村貴文が「3年前の事件、どこから、どこまで知ってるんだ。安野(平埜生成)を殺したのは誰だ」と尋ねると、インビジブルは「もう少し待って、じきに現れるから」と答えたのだった。

スポンサードリンク

インビジブル-クリミナルズ「モンキーズ」のネタバレ

高級な絵画が盗まれる事件が3件連続で発生しており、盗難事件を扱う捜査3課が捜査を開始するのだが、捜査3課は捜査1課がインビジブル(柴咲コウ)を匿っている事を知り、インビジブルに協力を要請する。

捜査3課に情報を流したのはインビジブル(柴咲コウ)自身で、インビジブルは窃盗犯は「モンキーズ」というクリミナルズだと言い、モンキーズが次に狙っている絵画を購入し、モンキーズをおびき出す作戦に出た。

インビジブル(柴咲コウ)の作戦は成功し、モンキーズは罠にはまり、志村貴文(高橋一生)はモンキーズを捕まえようとしたが、インビジブルがモンキーズに協力し、絵画を盗ませてモンキーズを逃がしてしまう。

しかし、インビジブル(柴咲コウ)の本当の作戦は、モンキーズはオークションを通じて依頼主に絵画を売却するので、盗まれた絵画に発信器を付けており、オークション会場で全員を一網打尽にすることだった。

そこで、志村貴文(高橋一生)とインビジブル(柴咲コウ)はオークション会場に潜入し、警察を突入させ、モンキーズを逮捕し、絵画を取り戻した。

しかし、インビジブル(柴咲コウ)の本当の目的は、モンキーズではなく、依頼者の方だった。

絵画には、アメリカのクリミナルズのリストが入ったSDカードが仕込まれており、依頼主の目的は絵画ではなく、アメリカのクリミナルズのリストだった。

それを知っていたインビジブル(柴咲コウ)は、絵画からSDカードを抜いており、依頼主の元を訪れるが、依頼主は死んでいた。

オークション会場に来ていた依頼主は偽物だったのである。

一方、公園でOLが殺害された事件で犯人・武入が逮捕されたのだが、犯人・武入が3年前に安野慎吾(平埜生成)を殺害した犯人だと判明し、犯人・武入に殺害を依頼したのはインビジブルだと判明するのだった。

インビジブル-霧島の正体ネタバレ

公園でOLを殺害して逮捕された犯人・武入が、3年前に刑事・安野慎吾を殺した事を自供したが、志村貴文(高橋一生)は嘘だと気付く。

しかし、検察に輸送中の武入は、何者かに連れ去られてしまう。

そのころ、警察の施設に匿われていたインビジブル(柴咲コウ)も姿を消していた。

志村貴文(高橋一生)は、ハッカーのラビアンローズ(DAIGO)にインビジブル(柴咲コウ)の行方を捜すように頼み、逃がし屋サクライが武入を逃がした事が判明する。

さらに、逃がし屋サクライを追求すると、武入を逃がすように依頼したのは霧島だったが、インビジブル(柴咲コウ)に金を積まれたので、武入の届け先を変更し、インビジブルに届けた事が判明する。

そこで、志村貴文(高橋一生)はラビアンローズ(DAIGO)にインビジブル(柴咲コウ)のパソコンをハッキングさせ、インビジブルの居場所を突き止めるのだった。

さて、インビジブル(柴咲コウ)は、霧島の代理人だと偽り、武入が霧島に会うのに便乗して、霧島に会おうとしていたが、武入が連れ去られてしまう。

インビジブル(柴咲コウ)は、霧島から武入を助けたければ、テータを渡せと要求される。

データというのは、「インビジブル」の第4話で、モンキーズが盗んだ絵に隠されていたアメリカのクリミナルズのリストが入ったデータだった。

インビジブル(柴咲コウ)は、霧島を助けるためにデータを渡すが、結局、武入は霧島に殺されてしまう。

しかも、インビジブル(柴咲コウ)は本物のインビジブルではなく、本物のインビジブルは霧島で、キリコ(柴咲コウ)は霧島の姉だったのだ。

さて、3年前、刑事・安野慎吾(平埜生成)はOL一ノ瀬利奈が殺害された事件について調べていたときに殺されたのだが、一ノ瀬利奈が怨恨で殺害された可能性が出てきた。

一ノ瀬利奈は痴漢被害を訴えたのだが、訴えられた男性はえん罪で自殺していたのだ。

そこで、刑事・塚地敬一(酒向芳)が捜査を開始し、えん罪で自殺した男性の妻が一ノ瀬利奈を殺害を依頼していた事が判明する。

男性が自殺した翌日、犯人を殺害するという電話があり、妻は殺害を依頼した。

妻は、本当に殺すとは思わなかったが、自分で出来ない事を代わりにやってくれたので、後悔はしていないと自供した。

インビジブル-登場人物とキャストのネタバレ

志村貴文(高橋一生)

志村貴文(高橋一生)は警視庁捜査一課の刑事だが、犯人を逮捕するために行き過ぎた行動が多く、未解決事件を捜査する署「特命捜査対策班」へ左遷される。

その後、警察に協力するキリコ(柴咲コウ)から指名され、凶悪犯「クリミナルズ」を追いかける。

キリコ(柴咲コウ)

キリコ(柴咲コウ)は、犯罪者に犯罪者を仲介・斡旋する犯罪コーディネーター「インビジブル」として活動しており、数々の犯罪に関わってきた。

しかし、突然、警察への協力を申し出て、志村貴文(高橋一生)とともに未解決事件を解決しながら、凶悪犯「クリミナルズ」を逮捕するために奔走する。

猿渡紳一郎(桐谷健太)

猿渡紳一郎(桐谷健太)は、警視庁の監察官で、プライドの高い野心家である。規則やルールを重んじており、行き過ぎた捜査をする志村貴文(高橋一生)を問題視している。

志村貴文とキリコ(柴咲コウ)が手を組むと、猿渡紳一郎は志村貴文が凶悪犯と繋がっているのではないかと考え、志村貴文の動向を注視する。

犬飼彰吾(原田泰造)

犬飼彰吾(原田泰造)は警視庁捜査一課の課長で、問題行動の多い志村貴文(高橋一生)を特命捜査対策班へ左遷したものの、志村貴文の事を気にかけており、志村貴文をサポートする。

磯ヶ谷潔(いそがや・きよし/有岡大貴)

磯ヶ谷潔(有岡大貴)は、警視庁捜査一課の若手のエースで、猿渡紳一郎(桐谷健太)の事を尊敬しており、猿渡紳一郎と対立する志村貴文(高橋一生)の事を敵視している。

しかし、ある事件が切っ掛けで、磯ヶ谷潔は志村貴文に対する感情が変化する。

五十嵐夏樹(いがらし・なつき/堀田茜)

五十嵐夏樹(堀田茜)は警視庁捜査一課の刑事で、志村貴文(高橋一生)を慕っているが、負けん気が強くて男勝りの性格故に、同僚の刑事・磯ヶ谷潔(有岡大貴)とは度々、衝突する。

安野慎吾(あんの・しんご/平埜生成)

安野慎吾(平埜生成)は志村貴文(高橋一生)の相棒で、志村貴文が心を許す数少ない人物だったが、3年前の冬に通り魔事件の捜査中に犯人に襲われて殉死した。

インビジブル-最終回までのあらすじとネタバレ

ドラマ「天国と地獄」で話題となった高橋一生が主演するので、非常に楽しみです。

柴咲コウは金髪にして、全然、イメージが変わってたので、どんな演技をするのか非常に楽しみです。

スポンサードリンク

インビジブル-原作と主題歌

インビジブル-原作と主題歌
主題歌Dragon Ashの新曲「Tiny World」
原作いずみ吉紘のオリジナル脚本
放送局TBS
放送時間金曜日の夜10時
放送開始日2022年4月15日
出演者高橋一生・柴咲コウ

海外ドラマが原作ではないかという指摘がありますが、「インビジブル」には原作はありません。「ROOKIES」「南極大陸」「トドメの接吻」などを手がけた、いずみ吉紘のオリジナル脚本です。

初回放送は4月15日です。楽しみですね。

インビジブル-視聴率のネタバレ

インビジブル-視聴率のネタバレ
第1話9.4%
第2話7.0%
第3話7.2%
第4話6.4%
第5話5.9%
第6話 
第7話 
第8話 
第9話 
最終回 
平均視聴率 

インビジブル-第3話の感想

インビジブルの第3話のあらすじとネタバレは「インビジブル-第3話の犯人「演出家(要潤)」のネタバレ」をご覧ください。

第3話のクリミナルズ(犯人)は「演出家(要潤)」だった。演出家(要潤)は写真家で、作品に見立てて殺人を行っていた。

第3話は要潤が出ていたので盛り上がったのだが、第3話のストーリーの形式だと、要潤の出番が少なく、見せ場が最後の格闘だけだったので、残念だった。

第2話のクリミナルズだった久本雅美は、ちょこちょことストーリーに絡んでいたので、要潤ももう少しストーリーに絡めて欲しかった。

さて、第3話のクリミナルズの演出家(要潤)は怪力の持ち主で、志村貴文(高橋一生)が2人がかりで取り押さえようとしても取り押さえられなかった。

志村貴文(高橋一生)は、強いという中国人のボディーガードを瞬殺していたので、クリミナルズの演出家(要潤)はかなり強いことになる。

演出家(要潤)は特殊能力を持って居るのだろうか?クリミナルズが特殊能力を持っているということだろうか?気になる所だ。

一方、インビジブルの第3話は、ストーリー的には物足りなかった。

演出家(要潤)に殺人を依頼した犯人は、被害者・宮田信子が務めていた大学病院の院長だった。殺害を依頼した理由は、被害者・宮田信子が院長がコールガールを呼んでいるのを目撃し、告発しようとしたからだった。

大学病院の院長がコールガールを呼ぶことは、人殺して隠蔽する程のスキャンダルなのだろうか?と思った。

大学病院の院長にもなればスキャンダルなのかもしれないが、私の感覚からすると、コールガールはセーフなので、殺害を依頼する動機としては弱いと思った。

だから、もう少しデフォルメしてでも、誰もが悪と分かるような悪事にして欲しかった。

たとえば、院長が医学の知識を利用して、「タンロン」を製造していたということにすれば、告発されても仕方が無いし、隠蔽するために演出家(要潤)に殺人を依頼するというのも納得できたと思う。

インビジブル-第4話の感想

第3話のクリミナルズは「モンキーズ」という窃盗団で、インビジブル(柴咲コウ)はモンキーズを逮捕するために、警察に協力した。

しかし、インビジブル(柴咲コウ)の目的は、モンキーズではなく、モンキーズの依頼主だったようだ。

モンキーズが盗んだ絵画には、アメリカのクリミナルズのリストが入ったSDメモリが仕込まれており、依頼主の目的は絵画ではなく、SDメモリの方だった。

また、第3話でOLが殺害される事件発生し、その犯人が逮捕されたのだが、その犯人は、3年前に安野慎吾(平埜生成)を殺害した犯人だった。

犯人に殺害を依頼したのはインビジブル(柴咲コウ)なのだが、インビジブルがなぜ犯人に殺人を依頼したのだろうか。

インビジブル(柴咲コウ)が警察に協力をしてきた時点で何か狙いはあると思っていたのだが、やはり、何科の狙いがあるのだろう。

そもそも、インビジブルは年伝説上の人物であり、誰も本当のインビジブルを知らないのだから、インビジブル(柴咲コウ)が偽物の可能性がある。

あと、志村貴文(高橋一生)がモンキーズを倒すときに小麦粉を振りまいていた。また粉塵爆発で敵を倒すのかと思って面白かった。毎回、粉シリーズでクリミナルズを倒して欲しいと思った。

インビジブル-第5話の感想

キリコ(柴咲コウ)は犯罪者コーディネーター「インビジブル」を名乗っていたが、私は偽物だと思いながら観ていたら、やはり、キリコは偽物の「インビジブル」だった。

私は本物の「インビジブル」はキリコの親で、キリコは堂島に親を殺されたので、親の敵である堂島を探しているのかと思っていた。

しかし、本物の「インビジブル」は、キリコ(柴咲コウ)が追っていた霧島キリヒトで、霧島キリヒトはキリコの弟だった。

霧島キリヒトは、第4話でモンキーズに絵を盗ませた犯人のようで、絵に隠されていたデータが目的のようだ。

絵に隠されていたデータは、アメリカの犯罪者「クリミナルズ」のリストだった。

霧島キリヒトがアメリカの犯罪者「クリミナルズ」のリストを手に入れる目的は何だろうか?アメリカ進出でも狙っているのだろうか?

3年前に殺された安野慎吾(平埜生成)を殺害した事件にも、霧島キリヒトが関わっているということだろう。

私は犬飼彰吾(原田泰造)が黒幕に絡んでくるのだろうと思いながら観ていたのだが、予想は外れそうだ。

スポンサードリンク

インビジブル-第6話の感想

「インビジブル」の第6話の感想です。第6話のあらすじは「インビジブル-第6話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

さて、第6話の犯人は医療の知識を使う「ドクター」というクリミナルズで、ストーリーは面白かったのだが、アッサリと志村貴文(高橋一生)に逮捕されたので残念だった。

全体的にインビジブルの犯人は、アッサリと逮捕され過ぎている。志村貴文(高橋一生)と格闘したのは、演出家(要潤)だけだったので、少し物足りない感じがする。

物足りないと言えば、ドラマ「インビジブル」には空気清浄機が出てこない。

キリコ(柴咲コウ)が監禁されている警察の施設に空気清浄機は登場しないのだろうかと思いながら見ているのだが、第6話の時点では空気清浄機は無い。

TBSの金曜10時枠は空気清浄機というイメージが定着してきたので、空気清浄機が登場しないと物足りない感じがする。

いっそのこと、空気清浄機のクリミナルズを登場させて欲しい。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。