インビジブル-第5話のネタバレ-霧島の正体

高橋一生が出演するTBSのドラマ「インビジブル」の第5話のあらすじとネタバレです。

「インビジブル」の第4話のあらすじとネタバレは「」をご覧ください。

「インビジブル」の犯人ネタバレは「インビジブル-原作の犯人とクリミナルズのネタバレ」をご覧ください。

インビジブル-第5話のあらすじとネタバレ

3年前、刑事・安野慎吾(平埜生成)は、公園で殺害されたOL一ノ瀬利奈が殺害された事件を捜査していて、何者かに殺された。

さて、先日、公園でOLを殺害して逮捕された犯人・武入が、3年前に安野慎吾を殺した事を自供した。

そこで、志村貴文(高橋一生)が武入に、3年前に安野慎吾を殺害した理由を追及するが、武入の反応から武入は犯人ではないと確信する。

志村貴文は上司に「武入は3年前の犯人じゃない」と訴えるが、既に武入は検察へ輸送中だった。

しかし、護送車が襲われ、武入が何者かに連れ去られてしまう。

そのころ、警察の施設に匿われていたインビジブル(柴咲コウ)も姿を消していた。

警察は、インビジブル(柴咲コウ)が武入を逃がしたと考え、2人の行方を追うのだった。

さて、志村貴文(高橋一生)はハッカーのラビアンローズ(DAIGO)にインビジブル(柴咲コウ)の行方を捜すように頼むと、ラビアンローズは「インビジブルは自分で犯罪者をコーディネートして事件を起こしていた。自作自演女だった」と教えた。

一方、インビジブル(柴咲コウ)は、逃がし屋サクライを使って救出した武入と流すると、霧島の代理人を名乗り、武入が霧島と会う準備を始めた。

さて、ラビアンローズ(DAIGO)がハッキングして、武入を逃がしたのは、逃がし屋のサクライだと判明する。

志村貴文(高橋一生)はサクライに会わせろと言うが、ラビアンローズ(DAIGO)は犯罪者でなければ、サクライには会えないと教えた。

そこで、志村貴文(高橋一生)は実際に強盗事件を起こして、逃がし屋のサクライに逃がしてもらうのだった。

さて、志村貴文(高橋一生)はサクライに逃がしてもらうと、サクライに警察だと明かし、武入とインビジブル(柴咲コウ)の居場所を追求する。

すると、サクライは、最初は霧島から武入を逃がすように頼まれたのだが、インビジブル(柴咲コウ)に金を積まれたので、輸送場所を変え、インビジブルの元に武入を届けた事を教えた。

そこで、志村貴文(高橋一生)はラビアンローズ(DAIGO)にインビジブル(柴咲コウ)のパソコンをハッキングさせ、インビジブルの居場所を突き止めるのだった。

スポンサードリンク

インビジブル-霧島のネタバレ

さて、インビジブル(柴咲コウと武入)はホテルのロビーで、霧島が来るのを待っていた。

そこへ、インビジブル(柴咲コウ)のパソコンをハッキングして居場所を知った志村貴文(高橋一生)が現れる。

インビジブル(柴咲コウ)は志村貴文(高橋一生)を連れて人気の無い場所へ行き、話をしようとするが、その隙に武入が連れ去られてしまう。

インビジブル(柴咲コウ)は霧島の事をよく知っているので、必ず連絡してくると言い、志村貴文(高橋一生)とともに霧島からの連絡を待っていると、霧島が渋谷のテレビを電波ジャックして、メッセージを送ってきた。

霧島は、武入に爆弾を仕掛けており、データチップとの交換を要求してきた。

データチップというのは、「インビジブル」の第4話で、モンキーズが盗んだ絵に隠されていたアメリカのクリミナルズのリストが入ったデータだった。

さて、インビジブルと志村貴文は、武入が監禁されている場所へ行くと、テレビモニターに映った霧島は「1分以内に部屋にある鍵を探して鍵を外して武入を助けるか、パソコンでデータを送れ」と指示してきた。

インビジブルと志村貴文は部屋にある鍵を探そうとするが、フェイクの鍵が大量にあったので、諦めてパソコンでデータを送信して、武入を助ける。

しかし、そこへ、霧島が現れ、武入は霧島のドローンに狙撃されて死んでしまう。

志村貴文がインビジブル(柴咲コウ)を追求すると、インビジブル(柴咲コウ)は本物のインビジブルではなく、霧島が本当のインビジブルだった。

しかも、霧島は「キリヒト」と言い、キリコ(柴咲コウ)の弟だったのだ。

インビジブル-一ノ瀬利奈事件の犯人ネタバレ

さて、3年前、刑事・安野慎吾(平埜生成)はOL一ノ瀬利奈が殺害された事件について調べていたときに殺されたのだが、一ノ瀬利奈が怨恨で殺害された可能性が出てきた。

一ノ瀬利奈は痴漢被害を訴えたのだが、訴えられた男性はえん罪で自殺していたのだ。

そこで、刑事・塚地敬一(酒向芳)が捜査を開始し、えん罪で自殺した男性の妻が一ノ瀬利奈を殺害を依頼していた事が判明する。

男性が自殺した翌日、犯人を殺害するという電話があり、妻は殺害を依頼した。

妻は、本当に殺すとは思わなかったが、自分で出来ない事を代わりにやってくれたので、後悔はしていないと自供した。

スポンサードリンク

コメントを投稿する

コメントは正常に投稿されていますが、反映に時間がかかります。